2018年4月7日土曜日

80ループ幡垂飾 80-loop Bansuishoku



今の私にとって、幡垂飾の長さの限界は105cmです。次は幅の限界を知ろうと、80ループに挑みました。

今回の糸の長さはやりやすい65cm、使用した糸は、昨年56ループの幡垂飾を作った時の残りのハマナカのアプリコと、コットンクイーンの水色、赤3本取りです。ループの数が多いので、糸が絡まないよう、下準備は慎重に、特に足糸を取り付ける作業は、やり直しをしなくて済むように心がけました。 


組み始めてみると、作業はそれほど大変ではありませんが、数段前に間違いを発見したりすると、解くのが大掛かりでした。糸は左右にダイナミックに動くので、間違えたところだけを解きたいのに、かなり遠い所まで戻ってやり直さなければなりませんでした。おかげで、糸の動きがよく分かりました。いつも思うのですが、組み方をよく知るには、解き方ややり直し方も熟知しなければなりません。順調に進むのは誰でもできますが、間違えた時に対処して、目立たないように素早く修復するには、熟練が必要です。勉強になります。 


アップで見ていただくと、萌黄色の糸がXに交差するときに、緩んでいるのが分かります。これが私の課題です。きつく締めているのですが、2,3段組むと緩んできます。これを解消するいいアイデアがあれば、教えていただきたいです。


The longest Bansuishoku I can braid currently is 105cm.  I want to know my limit of width.  So I challenged 80 loops. 

I used the left-over of Hamanaka Aprico from last April that I made 56-loop Bansuishoku with, and Cotton Queen light blue and red.  Since I was dealing with so many loops, I tried to be very careful.  Especially I decided to “do it right the first time” when I attached threads to foot-threads. 


Once I started braiding, the work itself was not so different from 56-loop.  Only when I found a mistake a few rows earlier, undoing job was much heavier than 56-loop.  Threads move so dynamically to right and to left, that I had to undo the parts far-away from my mistaken part.  That was a good lesson.  I could understand how threads move, dive and reappear.  As always, you have to be able to undo mistakes in order to fully understand braiding.  Anyone can braid, but you need experience and knowledge to find and correct your mistakes.  It is a good lesson of life. 


If you look at the photo closely, you will notice that the light green thread is loose when it makes X cross.  That is my problem.  I tighten it very hard, but after a few rows, it becomes loose.  I would appreciate it if anyone could tell me how to solve this.

コメントを投稿