2018年7月7日土曜日

真田紐でベルト Sanadahimo belt




真田紐のベルトです。両端の経糸にビーズを通して組みました。結ぶ部分は角組で、ここにもビーズを組み込んでいます。ビーズは紐を豪華に見せてくれる上に、思いがけない効用がありました。紐が汚れるのを防いでくれるのです。次は、素敵なバックルを見つけたいと思っています。

使用材料: コットンキング、TOHO丸大ビーズ

These are Sanadahimo belts.  I put beads through both of the outermost warps and braided.  The both ends are Kakugumi and I used beads here as well.  I love beads!  They make my braids not only look gorgeous but also dirt-proof!  Next time, I would like to find a nice buckle.

Materials:  Cotton King, TOHO Marudai beads

2018年6月21日木曜日

幡垂飾でベルト Bansuishoku belt




夏のワンピース用に、幡垂飾のベルトが欲しいとずっと思っていましたが、夏も間近に迫り、取り掛かることにしました。ベルト部分は70cm、両端の結ぶ部分は25cmずつで、計120cmが必要です。糸を組むとその長さは約70%になるので、必要な糸の長さは170cmです。今回は、Ingrid Crickmore のブログ長いブレイドのまねをしてみることにしました。




約3分の1のところから組み初め、あとで長さを調整するために、結ぶ部分は組まずにクテを付けたままにしておきました。次に紐をひっくり返して、3分の1の長さでクテを付け、イングリッドがキャタピラと呼ぶ鎖編みを作りました。この部分が組む時に邪魔になるのではと心配したのですが、意外と問題なく進めました。ただし、糸が短くなってくるとやはり手元が混乱したので、予定の3分の2より10cm短い時点でキャタピラをほどきました。その結果、最後の3分の1はクテを含めて80cmになってしまいましたが、何とか組めました。



いつもはクテを糸の端に取り付けるので、今回のように糸の途中で同じ長さの位置に取り付けるのは大変でした。でも、ここですべての糸の長さを揃えておかないと、仕上がりに影響しますから、何回か付け替えて、長さを揃えました。これにかなりの時間がかかり、糸がもつれたりしました。この時に思い出したのが、一昨年のシアトルでのワークショップでイングリッドにもらった櫛とゴムバンドでした。この櫛とゴムバンドを織機の筬のように使って、糸が絡まないようにしました。写真左で櫛が立つように支えているのは、マレーシアでお土産にもらったポストカードスタンドです。  




両端の結ぶ部分は、2本の角組にして、ビーズを付けました。ビーズの重みで、結んだ組紐がすとんと落ちてくれます。


今回は長さの記録を更新して120cmを達成しましたが、糸の扱いにかなり苦労しました。

初期配色:
〇〇◍◍〇〇◎◎● ●◎◎〇〇◍◍〇〇





I have been wanting a Bansuishoku belt for a summer dress.  With the summer just around the corner, I set about to work.  I need 70cm for a belt and 25cm each for the ends to be tied, in total 120cm.  Since threads become 70% long when braided, I need 170cm long threads.  I watched the latest blog of Ingrid Crickmore where she explains how to make longer braids and decided to follow her instructions.




I started at one third of the length and kept Kute at the end so that I can adjust the length later.  Then I turned around the braid and attached kute at the point of one third of the length, and made what Ingrid calls Catapilar.  I was afraid that these catapilars might disturb braiding, but I had no problem!  However, near the end, when the threads became shorter, catapilars started bite each other and I had to undo the catapilars 10 shorter than I had planned.  As a result, the last one third was 80cm including kute, which I somehow managed to braid.  



Usually, I attach kute at the end of a thread.  It was not easy to attach kute in the middle of a thread at the same length.  It is very important to make all the threads the same length in order to have a good finish.  Therefore, I had to redo attaching several times, which took me a lot of time.  To avoid threads to be entangled, I used the comb and the rubber band which Ingrid gave us at the workshop in Seattle two years ago.  Using them as a reed of a loom, I managed to arrange threads.  The grey thing at the left of the photo supporting the comb is a postcard stand I got in Malaysia.  



I used beads for the both ends of the belt so that their weight makes the tied ends straight down. 
I have renewed my record of braid length 120cm, but I had a hard time dealing with the threads.

Initial color arrangement:
〇〇◍◍〇〇◎◎● ●◎◎〇〇◍◍〇〇

2018年6月1日金曜日

平組の一間組、二間組、三間組比較 Comparison of Ikkengumi, Nikengumi and Sankengumi

前の前の記事で、「越すループ数が多いほど、紐の幅は狭くなり、厚みが増します」と書きましたが、やはり実際に見て頂いた方がいいと思い、3つのサンプルを作りました。いずれも単色ループ3色で13ループを使用しています。初期の配色は次の通りです。

           ●●●〇〇〇  ◎◎◎◎◎◎◎


上から、一間組、二間組、三間組です。幅はそれぞれ27mm、22mm、18mmとなりました。残念ながら、厚みを測る道具を持っていないので、正確には測れませんが、ほぼ1.5mm、2mm、3mmです。下に行くほど、模様が圧縮されています。作業としては、越えるループ数が多いほど、速く組めます。

それと、前の記事で、「幅中央に、クテ打ちで平組をしたときに出る縦の筋」と書きましたが、それは、一番上の一間組で最も顕著に見られます。これは、ループ数が奇数なので、左から右へと組んで行ったときに、最後に操作ループを半回転しますが、そのループの片方の要素(糸)だけが、2要素を越えることからできます。ですから、この組紐は正確には、左右対称ではありません。

同様に、二間組、三間組でも非対称性が起こりますが、写真では判りづらくなっています。実物も見えにくいです。それはおそらく、一間組では、半回転した操作ループの1要素が2要素(2倍)を越えるのに対し、二間組では3要素(1.5倍)、三間組では4要素(1.3倍)を越えるので、次第に目立たなくなるからだと思われます。

I wrote in the previous article that the more loops the operating loop goes over and under, the narrower and thicker the braid becomes.  I made three samples to show it.  I used, for all the three braids, 13 single-color loops in 3 colors and the initial color arrangement is as follow:
   ●●●〇〇〇  ◎◎◎◎◎◎◎

From the top to the bottom, they are Ikkengumi, Nikengumi and Sangengumi.  The width are 27mm, and 22mm, and 18mm respectively.  Unfortunately I do not possess a tool to measure the thickness.  The thickness of the three braids are very approximately 1.5mm, 2mm, 3mm.  The patterns get compressed as the operating loop goes over and under more loops.  As for manipulation, the more loops you go over and under, the quicker you can braid.

In the earlier article, I also wrote, “a vertical line which is typically seen in Kuteuchi braids”.  That line can be seen the most clearly in the top braid, Ikkengumi.  This line is produced when you half-turn the operating loop after going from left to right over and under the loops.  When you half-turn the operating loop, one of the two elements (threads) of the loop goes over 2 elements.  Therefore, exactly speaking, the braid is not bilaterally symmetric.

Likewise, asymmetric nature happens with Nikengumi and Sankengumi, but in the photo we cannot see it clearly. Even in the real ones in my hand, the lines are less conspicuous than in the Ikkengumi.  I thought about the reason and came to the following idea.  When you half-turn the operating loop, with Ikkengumi, one element of the operating loop goes over 2 elements (200% of usual), while with Nikengumi it goes over 3 elements (150%) and with Sankengumi 4 elements(133%).  This decrease of % causes less conspicuity.

2018年5月21日月曜日

白鶴美術館で幡垂飾を拝見  Visited Hakutsuru Fine Art Museum to see Bansuishoku


白鶴美術館 (Wikipediaより)
Hakutsuru Fine Art Museum (from Wikipedia)

さわやかな5月になりました。神戸御影にある白鶴美術館が所蔵する法隆寺の幡垂飾が展示されると聞き、クテ打ちのグループ3人で出かけました。東京博物館にある法隆寺献納物の幡垂飾とよく似ています。お目当ての幡垂飾には、「几帳飾」という題がついていました。

第一印象は、組紐より金銅の鈴金具が立派で目立っている、という感じでした。写真で見るよりは糸が細く、全体に緩んでほどけそうでした。鈴金具は組紐の幅の両端と真ん中に留め具で固定してあるものもありました。これだけぶら下げられると、痛むのも早いだろうなと思いました。

几帳飾りの隣に展示してあったのは、神護寺伝来の平安時代に作られた経帙でした。10巻のお経をまとめておく、すだれのようなもので、平組の組紐がついています。とても細い糸をぼかし染めにした糸が使われているようでした。紐の幅中央に、クテ打ちで平組をしたときに出る縦の筋がはっきり見えました。奈良博物館にも神護寺の経帙がありますので、こちらを参考にしてください。

幡垂飾を組んでいて、いつも本物を見てみたいと思っていたのが実現してうれしかったです。しかし、年月とともに、美しかったものも色あせ、ほどけ、退化していくという現実も見ました。物はいつかは失われるからこそ、それを作る技術はしっかり伝えていかなければならないということを、実感した次第です。

One pleasant day in May, together with my Kuteuchi group friends, I went to Hakutsuru Fine Art Museum to see Bansuishoku that originally belonged to Horyuji temple.  Their Bansuishoku is similar to the one that is currently kept in Tokyo National Museum.  At Hakutsuru Fine Art Museum it was exhibited under the title of “decoration for a portable multi-paneled silk partition

My first impression was that the gilt bronze bells are more dominant than the kumihimo.  The threads are thinner than those we see in photos.  As a whole, braiding is loose and almost ready to fall apart.  Bells are attached on both sides of the braid, and some are attached in the middle of the braid.  With so many metal bells hanging, the braid would wear out quickly, I thought.

Next to the partition decoration, there was “Kyochitsu”, a sutra wrapper made with fine bamboo splits twined with silk threads.  The wrapper was made in Heian period (794 to 1185) and used to belong to Jingoji temple in Kyoto.  Ten sutra scrolls were wrapped with this wrapper and a Hiragumi braid is attached to tie around the wrapper.  The threads looked very fine and ombre dyed.  In the middle of the braid, I could see clearly a vertical line which is typically seen in Kuteuchi braids.  Nara National Museum also has the wrapper from Jingoji temple.

While braiding Bansuishoku, I always wanted to see the original ones.  I am very happy that my dream has come true.  But, at the same time I learned the fact that as time goes by, even beautiful treasures lose their vivid colors, get loose and deteriorate.  Things do not last forever, they are to be lost some day.  That is why the techniques to make these beautiful things have to be handed down through generations.

2018年5月16日水曜日

平組または一間組 Hiragumi or Ikkengumi


一間組は、操作ループが他のループを1本ずつ上下に越して組む方法ですが、これを2ループずつ越すと二間組になり、3ループずつ越すと三間組になります。越すループ数が多いほど、紐の幅は狭くなり、厚みが増します。だから、必要な厚みと幅に合わせて越すループ数を変えることで、希望通りの紐ができあがります。初期設定の配色の仕方で、さまざまなパターンを楽しむことができます。

3パターンとも単色ループ11本で、初期設定は次の通りです。
   〇〇〇◎◎◎◍◍◍◍◍

組み方は、ビデオをご覧ください。



写真の上から2番目の紐では、白と黄色の糸は、両端に留まり、中央まで移動していません。また、緑は中央に留まったままです。このやり方を次のビデオでご覧下さい。




写真の一番下の紐は、上の2つの方法を交互に繰り返しました。このように糸の移動を上手く制御することで、パターンの可能性がさらに広がります。




Ikkengumi means that an operating loop goes over and under other loops one by one.  When the operating loop goes over 2 loops and under 2 loops, it is called Nikengumi.  If it is over 3 and 3, it is Sankengumi.*  The more loops the operating loop goes over and under, the narrower and thicker the braid becomes.  That means, by changing the number of loops to go over and under, we can make a braid of exact width and thickness we want.  By changing the color arrangements, we can enjoy various patterns.
    
       * 1=ichi,  2=ni,  3=san  

I used 11 single color loops and the initial color arrangement is as follow:
   〇〇〇◎◎◎◍◍◍◍◍

Please see the video to know more about how to braid Ikkengumi. 



In the second top braid in the photo, the white and yellow threads stay on both sides while the green ones remain in the center.  I will show you how to do this in the next video.



The bottom braid in the photo is made by alternating the two patterns. By controlling the movements of thread using this technique, we can have even more variations of patterns.

2018年4月20日金曜日

縄連組、山形文、矢羽文、二条軸一間組、ささなみ組 Joren-gumi, chevron, sasanami



いろいろの名前がついていますが、木下雅子先生は、「2方向斜行縄連組織平一枚組紐」、あるいは略して「2方向斜行縄連組織組紐」と呼んでおられます。私はさらに略して、「縄連組」と呼ばせていただきます。

法隆寺献納宝物のにも付いていて、その幡の様式から7世紀後半から8世紀前半に作られた、と特定できるそうです(「日本の美術1 No.308 組紐」)。正倉院にもあります。聖徳太子が剣を吊るしておられる帯も、この組み方だと思われます。

ループを半回転させ、その中に別のループが通ります。しっかりとしたものができます。剣を吊っても大丈夫ですから、バッグの持ち手に最適です。

組み方をビデオで説明します。


ビデオでは、一番外側のループを中央に持ってきてから、全てのループを中央に向けて半回転させていました。反対に、中央のループを外側に持ってきてから、全てのループを中央に向けて半回転させると、矢羽の向きが反対になります。これを組み合わせると、唐組 (または幡垂飾)になります。

写真の一番上のものは、山が2つできました。2人で組んで、内側のループを交換します。これを私は、休め台を使って1人で組みました。2,3年前に組んだもので、組み目も乱れていますし、左半分で、黄色と緑の糸を取り違えている部分が見えます。この頃はまだ、「解いてやり直す」ということをしていませんでした。


These braids have many names.  Masako Kinosita calles it 「2方向斜行縄連組織平一枚組紐」 or 「2方向斜行縄連組織組紐」 for short.  I make it much shorter and call it Joren-gumi.
Joren-gumi can be found attached to a Ban from Horyuji Dedication Treasure and can be identified as being made between mid 7th century and mid 8th century (「日本の美術 (Art in Japan) 1 No.308 組紐 (Kumihimo)」.  It is also included in treasures from Shosoin.  The belt Prince Shotoku is wearing in his famous portrait to suspend the sword is perhaps Joren-gumi.

You half-turn all the loops and a loop goes through them.  The braid is so sturdy that you can hang a sword.  Ideal for handles of a bag.

I show you how to braid Joren-gumi in the video.

In the video, I bring the outmost loops to the center and I half-turn all the loops inward.  If you bring the center loops to outmost and half-turn all the loops inward, you can get chevrons up-side-down.  By combining the two techniques, you can make Bansuishoku or Karakumi.

The top wide braid has two ridges.  Duet braiders exchange the inner loops.  I did it solo using the Kute Rest Stand.  I braided this one a few years ago, and you can see a mistake in the left part involving a yellow and green threads.  At that time, I did not know to “undo and redo” yet.

2018年4月7日土曜日

80ループ幡垂飾 80-loop Bansuishoku



今の私にとって、幡垂飾の長さの限界は105cmです。次は幅の限界を知ろうと、80ループに挑みました。

今回の糸の長さはやりやすい65cm、使用した糸は、昨年56ループの幡垂飾を作った時の残りのハマナカのアプリコと、コットンクイーンの水色、赤3本取りです。ループの数が多いので、糸が絡まないよう、下準備は慎重に、特に足糸を取り付ける作業は、やり直しをしなくて済むように心がけました。 


組み始めてみると、作業はそれほど大変ではありませんが、数段前に間違いを発見したりすると、解くのが大掛かりでした。糸は左右にダイナミックに動くので、間違えたところだけを解きたいのに、かなり遠い所まで戻ってやり直さなければなりませんでした。おかげで、糸の動きがよく分かりました。いつも思うのですが、組み方をよく知るには、解き方ややり直し方も熟知しなければなりません。順調に進むのは誰でもできますが、間違えた時に対処して、目立たないように素早く修復するには、熟練が必要です。勉強になります。 


アップで見ていただくと、萌黄色の糸がXに交差するときに、緩んでいるのが分かります。これが私の課題です。きつく締めているのですが、2,3段組むと緩んできます。これを解消するいいアイデアがあれば、教えていただきたいです。


The longest Bansuishoku I can braid currently is 105cm.  I want to know my limit of width.  So I challenged 80 loops. 

I used the left-over of Hamanaka Aprico from last April that I made 56-loop Bansuishoku with, and Cotton Queen light blue and red.  Since I was dealing with so many loops, I tried to be very careful.  Especially I decided to “do it right the first time” when I attached threads to foot-threads. 


Once I started braiding, the work itself was not so different from 56-loop.  Only when I found a mistake a few rows earlier, undoing job was much heavier than 56-loop.  Threads move so dynamically to right and to left, that I had to undo the parts far-away from my mistaken part.  That was a good lesson.  I could understand how threads move, dive and reappear.  As always, you have to be able to undo mistakes in order to fully understand braiding.  Anyone can braid, but you need experience and knowledge to find and correct your mistakes.  It is a good lesson of life. 


If you look at the photo closely, you will notice that the light green thread is loose when it makes X cross.  That is my problem.  I tighten it very hard, but after a few rows, it becomes loose.  I would appreciate it if anyone could tell me how to solve this.