2019年10月3日木曜日

AADC 構造図 Structural Drawing of AADC


8月31日に組紐組物学会のワークショップで多田牧子先生のレクチャーを受けました。その中で、「出したい模様を出す」方法を習いました。私は今までは、色の配列をいろいろに変えてみて、異なった模様が出るのを楽しんできましたが、「こんな模様を出すには、どんな配列にすればいいか」など、考えてもみなかったのです。今までの考え方が受け身なのに対して、先生のは前向きな姿勢ですよね。

よし、「私も前向きに組むぞ!」と思い、先生のアドバイス「まず、一本ずつ色を変えて組み、それぞれの糸がどのように移動しているのかを見る」に従いました。

選んだのは、私の好きな15本で組むAADC平組です。まず15色で1本組み、もう1本は黒の地に、2色ループ2本を混ぜて、2色ループがどう動くのかを見ました。15色より黒地の方が1本の糸の動きが良く分かります。

さて、これを図にしなければなりません。私はCADなどできないので、手近にあるのはマイクロソフトのパワーポイントです。コピー、ペースト、上下に整列、左右中心揃え、左右反転、グループ化などを駆使してようやくこんな絵ができました。仮にこれを構造図と呼びます。実はこれを作るのに4日かかりました。



右上が糸の初期配置図です。1本の糸をすべてグループ化していますので、1か所をクリックして好きな色に変えると、初期配置図と、構造図のその糸に当たる部分がすべてその色に変わります。こうして配色を終え、右上の初期配置図の通りに糸をセットして組めば、希望通りの模様が出るという具合です。



ですが、今はまだ従来通り、初期配置を先に決めて、それがどんな仕上がりになるかをシミュレーションするのに使っています。まだ「出したい模様を出す」ところまで行っていません。2色ループにすると、さらに配色のコントロールができると思うのですが、そうなると30色も色分けしなければならず、今の方法では私にはできません。



上の紫色の構造図は、以前にアップしたこの写真の上から2番目です。上から3番目はこれです。




もう少しこの構造図で遊んでみるつもりです。ブログにパワーポイントのファイルを添付する方法が分からないので、JPGでお見せしています。



I attended a lecture of Makiko Tada sensei on August 31 at a workshop of the Kumihimo Society.  We learned “how to produce the patterns you want”.  I had been enjoying to discover new patterns by changing the initial color arrangements.  I had never dreamed of producing the patterns I wanted.  Tada sensei’s attitude is positive whereas mine was passive.


I told myself, “Well, I am going to braid positively!”.  I followed Sensei’s advice to braid using a different color for each thread and see how one thread is running.

I chose AADC flat braid with 15 kute.  First, I braided with 15 different colors and then I made another one with 2 bi-color loops and 13 one-color (black) loops.  The black one shows more clearly how two loops move.

Now I have to draw a chart.  Since I am not familiar with CAD, I used Power Point of Microsoft.  I mobilized all sorts of functions I know including Copy, Paste, Vertical align, Horizontal centering, Vertical mirror image, and Grouping.  After struggling for 4 days, I came up with this chart which I call temporarily Structural drawing. 



On the right top, you find the initial color arrangement.  All the parts of one thread are grouped so that if you click one part and change it to the color of your choice, all the other parts of the thread, including the initial color arrangement, are painted in that color.  After you chose your favorite colors, set your threads in the order of the initial color arrangement on the right top, then you can start braiding to get the pattern you intended to make.



Having said that, I am still using this chart only to simulate the pattern of the initial color arrangement I decide first.  I have not reached a stage to produce a pattern I want.  

With bi-color loops, we can get more control of color arrangements, but to do so, I need to color the chart with 30 different colors.  It is beyond my ability.



The purple Structural drawing above is the one for the AADC second from the top I showed before. The third braid’s drawing is here.  




I am going to play with this chart more and will come back to you.
I am afraid I do not know how to upload my Power Point file on this blog.  So I am showing JPG files only.

2019年9月21日土曜日

西大寺大神宮御正体厨子戸張の上刺し Decorative trimming for the brocade covers of a pair of portable shrines, Saidaiji temple



西大寺の大神宮御正体厨子戸張の釣り紐は、以前に取り上げましたが、今回は戸張の上部に水平に取り付けられている上刺しです。厳島組によく似ていますが、より簡単ですから、まずこちらに取り組んでから、厳島組に挑戦する方が良いと思います。「日本組紐古技法の研究」のカラーページ#29に写真が出ています。この本には組み方の説明がありませんので、私が厳島組から類推したものを以下に示します。

【初期配置】


12345678 910 111213 14 1516171819 20 21 2223 2425

●●●●●●● ●●●●●●●●●●●●●  ●●●
●●●●●● ●●●●●●●●●●●●●  ●●●
1から8までが両端の矢羽根、9から21までが綾織り、22から25までが中央の矢羽根です。これら3つの部分は、それぞれの中でのみ糸が動き、他の部分へは移動しません。そのためには、8と9、21と22の間でループを2回ずつ捻ります。




これは、矢羽根部分の径路図です。径路図とは何かと聞かれると、私はまだよく理解できていないので説明できないのですが、綾織りの部分は、直感的に理解できるので、載せてみました。

これを13回繰り返した後、全体25本を2本ずつ飛び越える綾織りにすると、大きなひし形ができます。25で1回捻り、2つ折りの紐になります。

3つのグループごとに、色の違う足糸をつけて、区別できるようにしました。

矢羽根の部分とひし形の部分の繰り返しですから、糸の動きがとてもダイナミックで、組んでいても飽きません。矢羽根の部分は3ループを飛び越えるので、少し細くなります。トートバッグの底から続く持ち手などに使うと、大胆な柄が引き立つのではないかと思いました。



I tried hanging braids for the brocade covers of portable shrines in Saidaiji before.  It is this time a horizontal trimming for the same covers. It looks like Itsukushimagumi, but it is simpler and easier.  You may try this one first before tackling Itsukushimagumi.  The original braid is shown on the book “Study of archaic braiding techniques in Japan” on color page 29.  Since the book does not have explanations, I tried to guess and would like to share the results with you.

Initial color arrangement

12345678 910 111213 14 1516171819 20 21 2223 2425

●●●●●●● ●●●●●●●●●●●●●  ●●●
●●●●●● ●●●●●●●●●●●●●  ●●●
1-8 is a chevron on each edge, 9-21 twill and 22-25 a center chevron.  The threads in these 3 parts move only within each part and do not move to other parts.  To this end, you must twist the loops 8&9 and 21&22 twice. 



Above is a track plan for the chevron part.  What is a track plan?  Unfortunately, I do not understand well enough to explain, but we can understand with our intuition at least the twill part.

After repeating the above movement 13 times, you switch to simple twill from 1 through 25 and get big diamond shapes.  Don’t forget to twist a loop 25 to make it a twofold braid.

I used 3 different-color foot threads for each group to differentiate the groups.

You alternate a chevron part and a diamond part, allowing threads to move dynamically.  You never get bored.  The chevron parts are a little thinner because loops cross 3 loops at a time.  This bold pattern might be good for bag handles that come from the bottom of a bag.

2019年8月16日金曜日

巾着袋3点  3 more drawstring bags



やり始めたら止まらない、というか、復習もかねて巾着袋をさらに3つ作りました。紐の色は、それぞれのプリントの色合いに合わせ、組み方も平組、源氏打(BBCC)と、木下先生が「カルルスルーエ出典の紐#2」と呼ばれる指操作でつくる紐の3種類です。


ピンクと水色の紐は、きれいでしょう。BBCCで16ループです。色の配置は、クテ打組紐技法研究会発行のテキストを参考にしました。実はこれの後半を組む時に、先に糸を紐通しに通しておくのを忘れてしまいました。ブログで「注意が必要です」と書いた本人が。解決策として、紐はやり直したくないので、袋の紐通し分をほどき、紐を入れながら再び縫いました。

略号A, B, C, D については、「クテ打ち手操作基本の4操作」をご覧ください。


I could not stop making drawstring bags.  I made three more using three different braiding techniques: flat braid, Genjiuchi (BBCC) and Karlsruhe #2 (finger braiding).  I chose colors to match the print materials. 

I especially liked the pink and light blue one, BBCC with 16 loops. I referred to the textbook issued by Kuteuchi Braiding Technique Study Group for color arrangement.  

To tell you the truth, I forgot to put threads through the casing before braiding the second half in spite of my warning in my last blog!  I did not want to undo the braiding, so I undid the casing, put the braid in the casing and resawed the casing. 

For the abbreviations A, B, C, D, please refer to "Kuteuchi Basic 4 Movements" .






2019年8月8日木曜日

巾着袋用茶斜格子一間組  Flat braid in an oblique plaid of brown for a drawstring bag


最高気温が38度という暑さの中、ややこしいことはする気がしないので、簡単な巾着袋を作りました。中身の見える透ける素材で袋を作れば、中身が見えて便利だろう、と前から思っていたのですが、ちょうどカーテン素材の中に、レースカーテン用の適当なものがあったのと、20年ほど前に横浜の祭り用具店で買った、半纏用帯の生地を組み合わせました。透ける素材というのは、縫い代の始末をきちんとしないと表から見えるので、予想以上に仕立てに手間取りました。

「さてこれに合う紐は」と、考えるのが一番楽しい時間です。今回はあまり厚みの出ない、平組一間組にしました。さらに薄くなるようにと、コットンクイーンを2本取りで使いました。7ループです。長さは、55cmは欲しいので、長さの中央から組み始める方法を取りました。この方法は、中央のつなぎ目が目立つのですが、今回は紐の中央は紐通しの中にあるので目立ちません。

必要な長さを組み終えると、両方のクテ14本を合わせて角組を7回ほど組みました。これで紐が輪になります。ただし、このためには、半分の長さを組んだ時点で、まだ組んでいない方の糸を巾着の紐通しに通しておかなければなりませんので注意が必要です。 

平組は2つ折りにして組むので、下の半分が良く見えないため、斜格子が左右対称にならず、曲がってしまいがちです。今回は、1サイクル終わるごとにきちんとひし形になっていることを確認しながら進めました。



We have the highest temperature of 38 degrees centigrade for a few days.  It is hard to tackle any complicated projects.  So, I resorted to making a small drawstring bag.  I had long wanted to make a bag with a see-through material so that you can see the contents easily.  I found an ideal material among my pile of curtain materials.  I also found a matching material of some 20 years old which I bought at a festival costume shop in Yokohama.  As soon as I started sewing, I realized that see-through materials need special caution because you can see the seam allowance from outside.  It took me longer to finish a small bag than I had expected.


“What kind of braid will match this bag?” It is the most fun part of the whole process.  This time I decided to make a thin flat braid of single-unit braiding with 2-strand Cotton Queen.  I made 7 loops.  Since I need a length of 55cm, I started in the middle of the length, turned around, and finished the second half of the length.  With this method, the center connection does not look good, but it is OK this time because the connection is hidden in the casing.

When you finish braiding, bring all the 14 Kute together and do Kakugumi 7 times to makes the braid a loop.  But do not forget, when you finish the first half of the braid, to put the remaining half through the string casing and continue braiding.

This flat braid is two-fold, and you cannot see the lower part very well, often resulting in warped diamond shapes.  So, I checked the backside everytime I finished a cycle and proceeded.

2019年7月10日水曜日

厳島組 Itsukushimagumi


平清盛が厳島神社に奉納した法華経などの経典の巻緒に使われている組み方で、厳島組と呼ばれています。経典は、当時の平家が持つ財力を誇示するそれはそれは豪華なものだそうです。

厳島組は2越の平織組と矢羽根模様で構成されていて、全体を2越の平織組で組んで左右の色を入れ替えています。くっきりとした色遣いが映える、モダンなデザインです。

木下先生の「日本組紐古技法の研究」では、カラーページの31と34、本文の150ぺージから154ページに出ています。

クテは22本。2つ折りで組んで、広げると写真のようになります。2つ折りの下の部分は組んでいるときはよく見えないのと、引き締め方に偏りがあるために、左右対称であるべきひし形が歪んでしまいがちです。

両端の矢羽根と、中央の矢羽根では少し感じが違います。中央の矢羽根の方がゆったりと大きく見えます。これには秘密があるのですが、詳しくは木下先生の本をご参照ください。

考えてみれば、日本古来の神社に、仏教の経典を奉納するのは奇妙に思えますが、そこが日本の神様の寛容なところです。



This is called Itsukushimagumi.  The name derives from the shrine in Hiroshima, Itsukushima Shrine.  The braid is used to tie around scrolls of  Buddhist sutras dedicated by a famous samurai leader, Tairano Kiyomori, in the 12th century.  The scrolls are extremely lavish showing off the financial and political power of the family of Taira.

Itsukushimagumi consists of two parts: single layer double unit twill and chevrons.  The two parts are interlinked.  To change colors, the double unit twill is applied to the whole braid.  It is a rather modern design, for the 12 century braid, effectively showing different colors clearly.

On “Study of Archaic Braiding Techniques in Japan” by Kinoshita-sensei, Itsukushimagumi is shown on color pages #31 and #43, and on pages 150-154 in the main text.

We use 22 kute.  The braid is 2-folded, and looks like the ones in the photo when you unfold the braid.  The bottom layer of the 2-fold is not easy to see during braiding.  Perhaps because I tightened the braid unevenly, my diamond shapes tend to be distorted. 

The chevrons on the both ends and the ones in the middle look different.  The middle one looks larger and more relaxed.  There is a secret to it, but you will have to refer to the book of Kinoshita-sensei to unveil the secret.

You may find it strange to hear that Kiyomori dedicated Buddhist sutras to a Shinto shrine.  But, that is an example to show that Japanese gods are genuinely open-minded.

2019年6月16日日曜日

ショルダーバッグ用真田紐と二連角組 Sanadahimo for a shoulder bag and a hanging braid of double kakugumi




夏のショルダーバッグを作りました。肩ひもは真田紐でコットンキング47本で幅23mm。真ん中の釣り紐は二連角組(AADD)、コットンキングで14ループです。青い生地は例によってカーテン生地です。釣り紐に取り付けたのは、ダッフルコート用のボタン。水色の透けるポケットは夏帯の生地です。
手持ちの材料を使って、思い描いたようにでき上がって、満足です。

略号A, B, C, D については、「クテ打ち手操作基本の4操作」をご覧ください。


This is a shoulder bag I made for summer.  The shoulder belt is Sanadahimo with 47 Cotton King threads.  The width is 23mm.  The hanging braid in the middle is a Double Kakugumi (AADD) with 14 loops of Cotton King.  The blue material is, as always, curtain fabric.  Attached to the code-end is a button for duffle coat.  
I am very happy that the bag is finished as I wanted using the materials in hand.

For the abbreviations A, B, C, D, please refer to "Kuteuchi Basic 4 Movements".

2019年6月7日金曜日

知恩院の丸紐  Round braid found in a statue of Chionin Temple



この紐はとても楽しく組めました。2人組だと、片手に10本のクテを持って組みますから、全部で40本です。基本操作はGADDです。2人の間でクテを交換するのはAをする前の1回のみです(単純半連結)。パターンを変える時は、前回の西大寺の釣り紐と同じく、外回しの操作を1回余分にします。  すると、今まで中に隠れていた糸が外側に出て、外に見えていた糸が中に隠れます。

最初の黄緑部分と、次のターコイズブルーに白の横縞、そしてもう一度黄緑の部分までは問題なく進みましたが、さてターコイズの無地の部分はどうするのか、白い糸はどうするのかと思っていると、木下先生の本で初めて遭遇する「ループ3筋一緒に」という表現がありました。文字通りに3つのクテをまとめて「中通し閉」をすると、それまで外側に来ていた白糸が内側に移りました。そしてまた基本動作を繰り返し、白糸が外側に来るとまた、「ループ3筋一緒に」中通し閉をします。豪快な動きです。

知恩院所蔵の重要文化財、善導大師立像を1972年に修理のために解体し、中から五臓を表す紐が現れたのがこれだそうです。立像は13世紀のものだそうです。

「日本組紐古技法の研究」のカラーページでは本物が30、木下先生の模作試料が34に出ています。本文は146から150ページまで。

外側はGAの平織りで、中は2連結の角組が隠れています。隠れているので、少々間違えても、またループ3筋一緒に操作しても大丈夫です。この丸紐はいろいろと応用が利きそうです。クテの数を少なくしてもう一度挑戦してみます。

略号A, B, C, D については、「クテ打ち手操作基本の4操作」をご覧ください。
Gは、外側のクテをまず捻ってから外回り.


I really enjoyed braiding this round braid.  Each one of the duet braiders holds 10 kute on one hand, thus totaling 40 kute.  The basic movement is GADD.  The two braiders exchange their innermost kute only once in a cycle, before doing A (Simple Partial Interconnection).  For a pattern change, like the previous case of Saidaiji temple’s hanging braid, we insert an extra GA once. Then the threads hidden inside come out, and the threads on the surface dive inside.     

I had no problem going through the first light green part, the second turquoise blue with white stripes, and the light green part.  Now how do I do the turquoise without stripes?  What happens with the white threads? Kinoshita-sensei says “do In-and-cross with 3 loops together”!  It was my first time to manipulate 3 kute together.  I simply followed the instruction and found the three kute, including the one with a white thread, came innermost.  Then we repeat the basic movement until the white thread comes to outside.  Again 3 loops together.  It is a dynamic movement.  I liked it.

The original braids were found inside a wooden statue of Zendo Daishi of Chionin Temple in Kyoto in 1972 when they dismantled the statue for repair. The braids are meant to represent parts of 5 body organs.  The statue itself goes back to the 13th century, they say.

In Kinoshita-sensei’s book “Study of archaic braiding techniques in Japan”, the original braids are shown in #30 and Kinoshita-sensei’s replica in #34 in color pages.  The main text is pp. 146 to 150.
Outside is a simple layer of GA and inside a 2-interconnected kakugumi braid.  Kakugumi part is hidden and even if you make a small mistake, or a dynamic movement of “3 loops together”  it does not affect the surface of the braid.  This round braid can be used in many occasions.  I am going to try again, with a fewer number of kute. 

For the abbreviations A, B, C, D, please refer to "Kuteuchi Basic 4 Movements".  G means an Out-and-Open after twisting.