2018年9月21日金曜日

母とコラボ第2弾 Collaboration with Mother No. 2

リビングのレースカーテンが傷んで来たので、新調することにしました。カーテン屋さんへ行くと、ワゴンにカーテンの端切れがいっぱいあって、備えてあるビニール袋に入るだけ入れて500円ということでした。カーテン地はしっかりしていてバッグに丁度いい厚さです。ホクホク顔で帰ってくると、母がその中から気に入った生地を見つけて、ショルダーバッグに仕立てました。私は「紐は私にお任せ」と言って、唐組のサンプルを2つ作ったのですが、母が、「地味すぎる」と言って、OKがでません。それでは真田紐はどうでしょうと作ったものが合格でした。


これまで作った真田紐を並べてみました。市松模様も飽きてきたので、今回は雑誌で見た縦縞にしてみました。雑誌では男物の下駄の鼻緒に使っていたものです。なかなかきりっと素敵に仕上がりました。

Our living room curtains are worn out and we have decided to order new ones.  At a curtain shop, there was a wagon-full of curtain fabric remnants.  It costs 500 yen for a small plastic-bagful. Curtain fabrics make good bags. I stuffed the fabric as much as I could.  I came home smiling.  My mother chose one of them and made a shoulder bag with it.  I offered to make a belt and made two Karakumi samples.  She does not accept them saying “They are too quiet.”  Then I made a Sanadahimo, which she liked.


These are the Sanadahimo I have made.  I am getting tired of checkerboard patterns, so I made a stripe that I once saw in a magazine.  In the magazine, the braid was used as sandal thong for men.  I liked the sharpness of the pattern.