2017年9月6日水曜日

二連角組 Double Kakugumi or AADD


外回し開、外回し開、中通し閉、中通し閉 (すなわちAADD)を繰り返すと、角組を横に2つ並べたような厚みのある紐ができます。二連角組、あるいは御岳組と呼ばれているそうです。私の好きな組み方です。厚みのあるベルトにしたりします。

模様の出方が面白いので、いろいろと試したくなる組み方でもあります。写真はすべて単色ループの組み合わせですが、2色ループはもっと楽しいです。
 
上の2本は、ほぼ右手と左手を変えただけです。私はいつも左手のループから操作すると決めているので、初期設定をこのように変えて、違うパターンを出していますが、同じ初期設定でも右手から始めると、この2種類のパターンができます。多色ループで暈繝(グラデーション)にしたい時は、初期設定の順番が大事です。下の2本は14本で組んでいます。番号で表すと下のようになります。


②●③●④●⑤  ●①●●●●●

ところで、「暈繝」という言葉も、「正倉院の組紐」という本で初めて知りました。なんと天平の香りのする言葉ではありませんか。

念のため、ビデオもご参照ください。





訂正します。

写真中の配色図が誤っているとのご指摘を受けました。
失礼いたしました。正しい配色図をお知らせします。
  ●●●●●●  あるいは、
②⑥③⑥④⑥⑤  ⑥①⑥⑥⑥⑥⑥





When you repeat:

Out & open, Out & open, In & cross, and In & cross,
in other words AADD,


you can get a thick braid like two-connected-Kakugumi.  It is called "Niren Kakugumi (double-Kakugumi) or Ontake-gumi.  It is one of my favorites and I make belts with this braiding technique.  I like how each color appears and makes patterns.  All the braids in the photo are braided with single-color loops.  If you have bi-color loops, you can enjoy even more.




The top two braids are done with almost the same initial color arrangement only in opposite hands.  Because I make it a rule to always start with left hand loops, the initial color arrangements are different, but if you start with right hand and left hand with the same color arrangement, you can get two different patterns.  When you want to make a Ungen (gradation) braid with many different colors, you have to be careful about the color order.  Below I show a case of 14 loops.


②●③●④●⑤  ●①●●●●●

I learned the word “Ungen” for the first time when I read the book called “Kumihimo in Shosoin”.  What a graceful word!  That brings me the 8th century atmosphere.  Please watch the video to make sure you know how to do AADD. 


Correction:
One of the readers contacted me saying that the color arrangements are not correct.  It was my mistake.  Hire is the correct one.
  ●●●●●●  or
②⑥③⑥④⑥⑤  ⑥①⑥⑥⑥⑥⑥