2017年9月2日土曜日

バッグ用持ち手真田紐 Sanadahimo for bag handles



プレゼント用のバッグを作りました。本体はヤフオクで買った2種類のワイン色の帯地です。かっちりとできあがりました。持ち手はコットンキングで組んだ真田紐です。経糸42本で組んだのですが、もう少し幅が欲しかったです。長さも85%に縮みました。データを蓄積して、思う通りの幅と長さに仕上げられるようになりたいと思います。

真田紐の裏に、底に使った帯地(母のバッグの残り)を当てています。これは持ち手の幅を出したかったのと、手に持った時に絹の帯地の方が手触りが良いだろうと思ったからです。帯地はバッグにとても良い素材だと思います。時々ヤフオクを見てクリックしています。


A bag for my friend as a present.  The body is made with 2 different wine-colour obi-sashes I got through Yahoo Auction.  I am satisfied with the structured body.  The handles are Sanadahimo I braided with 42 Cotton King warps, which turned out to be narrower than I had expected.  The length also shrunk by 15%.  I am going to accumulate the data so that I can make Sanadahimo as wide and long as I plan. 

On the back of the Sanadahimo handles I attached the sash material I used for the bottom part (left-over from my mother’s bag) .  That is because I wanted to widen the handles and also I thought the silk material would make the handles feel softer.   Obi-sash for kimono is an excellent material for bags.  I sometimes visit Yahoo Auction and click.