2017年12月27日水曜日

高麗組または重打 Koraigumi or Shigeuchi AB or DC


ワークショップでは、仕上がりの綺麗さに目がくらんでいましたが、組んだ高麗組をよく見ると、どこかで見たような。そう、クテ打ちの基本動作で取り上げるのを忘れているABとよく似ています。という訳で、今日は、基本動作ABとDCをします。

重打(しげうち)と呼ばれる組み方です。外回し(AB)でも中通し(CD)でもできます。角組の厚さを半分にして横に平に広げたような形です。ループ数が少ない場合は平らになりますが、ループ数が10本を越えると、紐は平らではなく、ABの場合は右手側に、CDの場合は左手側に、内側に丸くなりますが、これを指でしごいて平にします。

写真の3本の紐の初期配置は以下のとおりです。

黄赤緑 AB & DC 4-4        ①①②②  ③③③③

紫系 DC 7-6     ①① ②②③③④  ④④④④④④ 
        ④④④④④④④  ④④④④④④
  
ピンク系 AB 7-6 ①①②②③③④  ④④④④④④  

一番上の黄赤緑の紐は、最初はABで、途中からDCに変えて組んでいます。V字の向きが上下逆になっているのが分かりますか。



At the Workshop, I was so impressed by the beautiful finish of the work that I did not notice that I had seen this braiding before.  It looks very similar to Shigeuchi!  Today we learn Shigeuchi, AB and DC.

We can do this either AB or CD.  The braid looks to have a half the thickness and a double width of Kakugumi.  When you work with a small number of loops, the braid is flat, but with over 10 loops, the braid is inwardly curled on the right hand side for AB, and on the left hand side for CD.  You need to knead the braid with fingers to make it flat.

The initial color settings for the 3 braids above are as follows:

Yellow-Red-Green AB & DC 4-4 ①①②②  ③③③③

Purples DC 7-6 ①① ②②③③④  ④④④④④④ 
           ④④④④④④④  ④④④④④④

Pinks AB 7-6     ①①②②③③④    ④④④④④④

I started with AB for the top braid, and changed in the middle to DC.  You will notice the V-fell up-side-down.