2017年12月11日月曜日

組紐・組物学会ワークショップ The Kumihimo Society Workshop


組紐・組物学会のワークショップ「ディスクで高麗組」に参加しました。私が受け取った材料は、かなりしっかり撚った絹糸4本と金色のメタル糸2本、大小の金色ボタン各1個です。3種類の動作で1サイクルという比較的簡単な組み方ですが、でき上がったものはとても豪華です。

いつもゆるい撚りのコットンキングで組んでいるので、まず、絹の光沢に感激。そして強い撚りの糸は立体的に組み上がるように思います。それにメタリックゴールドが加わると、金色のボタンと引き立て合って、豪華絢爛です。

途中で操作を誤って、色の順序が狂ってきたので、解いてやり直そうとしたのですが、闇雲に解いて訳が分からなくなってしまいました。思い切って先生にお願いすると、さっさっさっと糸を操って、元の状態に戻して下さいました。「解く時は、組む時と同じように1動作ずつ逆に戻って下さい」と、優しいお言葉。今日の教訓は、「急がば回れ」でした。 


ワークショップのもうひとつの楽しみは、参加者からいろいろ教えていただけること。皆さん、さりげなく組紐のメガネチェーンや、ペンダント、ブレスレットを身につけておられます。それらを見せて頂くだけでも、はるばる京都まで来たかいがあったというもの。それに、今日は、ディスクを手で持たなくても両手で糸を操作できるように工夫した台も拝見したし、隣の席に座っていた生徒さんは、昇苑という組紐の材料やできあがった物を販売しているお店の方で、楽しいお話も聞けました。


Attended The Kumihimo Society’s workshop “Koraigumi using a kumihimo disc” in Kyoto.  At the entrance I received a set of material; 4 hard twist silk threads, 2 metal threads and a big and a small golden buttons.  It was a rather easy kumihimo with three movements as one cycle.  The finished work, however, is just gorgeous. 

First of all, I was impressed by the silk glazing since I am so much used to Cotton King.  Besides strong twist threads seem to make more stereoscopic braids.  Then metallic gold threads look so superb with golden buttons. 


While braiding, I made a mistake and got mixed up with the color order.  I undid it and tried to start again.  But I got lost.  I daringly asked the teacher for help.  She manipulated threads one by one and corrected the whole mess.  She said, “When you undo, do it in the reverse order one by one.”  She was so efficient and gentle.  My lesson today is “the longest way around is the shortest way home”.


Another joy of attending a workshop is that you can learn a lot from attendants.  Everyone is wearing kumihimo glass chains, pendants, and bracelets.  It is worth traveling all the way to Kyoto just to look at their works.  Today I also saw a special hand-made supporting stand for a disc enabling to operate with both hands.  An attendant next to me worked for a shop Shoen where they make and sell kumihimo and materials.  We had an interesting talk.