2019年1月5日土曜日

腰機で腰機用ベルトを織る A backstrap belt


腰機を習う機会があったので、復習のために、家にあるもので腰機を作り、腰機用ベルトを織ってみました。
初めは道具が揃うか不安だったのですが、例の父の作業小屋で素晴らしいものを見つけました。古い電気掃除機の差し込み式の管2本です。これがあればあとは簡単。打ち込む道具として竹製の30cm物差し、糸綜絖用の竹製の割りばし、S字フック、荷造りひもと帯地の反物の芯(紙製)です。


手持ちの糸がピンクとグレーで、太さが少し違うので、厚さを均等にするために2色を交互に使いました。これは意外と便利で、糸を整える時や、糸綜絖を作るときに、同じ色が並んでいれば誤りなので、すぐに分かります。緯糸にはピンクのモヘアを使いました。

始めは用具をよく落として困りました。落とした物を拾うために身をかがめると、経糸が乱れます。でも少し慣れると、要領が分かってきました。開口に物差しを入れて糸に直角に立てる時は、腰を引いて経糸をピンと張れば物差しは落ちません。反対に糸綜絖を持ち上げる時は経糸を緩めるとうまくいきました。これが分かると、落し物がぐんと減りました。腰と手の動きを合わせてリズムをとれば、楽しい作業です。

実は教室では、私は腰機に向いていないと思っていました。機に括りつけられているという圧迫感が好きになれませんでした。身体が自由に動けないと、思考まで固まってしまって、少しでも間違うとパニックになっていました。でも、こうして家でゆっくりと、少しずつ慣れてくると、腰の圧迫感まで快く感じ始めました。不思議なものです。家にあるもので機が織れたという満足感も手伝って、あっという間にベルトが織り上がりました。

古代の人達は世界中で、身の回りの道具を使って機織をしてきました。少しでも作業が楽なように、少しでも美しい布ができるように、道具や手順を工夫していました。腰機で織る時は、そんな古代の人達が身近に感じられる楽しい時間です。

I had a chance to earn backstrap weaving.  In order to review the process at home, I made a backstrap loom with the material I find at home and wove a belt for backstrap weaving.  

I was not sure if I could gather all the necessary tools.  However, in my late father’s old shed, I found the ideal tool.  They were two pipes of an old vacuum cleaner.  The rest of the tools are easy to fetch; a 30cm ruler made of bamboo for beating, a pair of disposable bamboo chop sticks for a thread heddle, 2 S-hooks, packing ropes and a paper core of a roll of Obi (sash for kimono) cloth. 

For warps I had two types of yearns, pink and grey, with slightly different thickness. In order to make the even thickness I arranged them alternately.  That turned out to be a good idea.  When arranging threads or making thread heddle, if you find the same color threads side by side, it is a mistake.  So easy to spot a mistake.  I used a pink mohair as weft.

At the beginning, I had a hard time because I dropped tools very often.  When I lean forward to pick up the dropped item, the warps got tangled.  As I got used to, I got a knack.  When I insert a ruler and keep it upright in the shed, I should draw back my back to tighten the warps, and the ruler stays firmly in the shed.  When I pick up the thread heddle, I should loosen the warps with my back.  After learning this, the operation went smoothly without my dropping things so often.  Once you get the rhythm of the movements of your hands and back, it is an enjoyable work.   

Honestly, while in the class I was not sure that I liked backstrap.  I did not like the pressure that I felt around the waist.  I felt like I was nailed down to the loom.  Because I could not move freely, my thought lost freedom as well.  So when I made a small mistake, I panicked.  But as I worked slowly at home and gradually got used to it, I started feeling even the pressure around the waist comfortable.  It was an amazing change in mood.  I was also satisfied that I could make my own loom using the things I found at home.  It did not take so long to finish the belt.

People in ancient times around the world did weaving using the tools available to them.  They endured to make the operation easier and to weave more beautiful textile by improving their tools and procedures.  I had a wonderful time with the backstrap weaving feeling a little closer to ancient people.

2018年12月17日月曜日

紫茶斜格子一間組 Purple and Brown Oblique Lattice Single-unit braiding


裂き織のバッグの持ち手を組みました。一間組です。これまでは、組目がはっきり見えるように、反対色などのコントラストの強い色を合わせて組んできましたが、今回は以前に織った裂き織布に合わせて、紫と茶の濃淡計415ループで組みました。こういう配色もいいなと思いました。使用糸はコットンキングです。


長さは55cmは欲しいので、90cmの糸を用意し、長さの中心から組み始めて端まで組み、中心に戻って反対側を組みました。写真でも分かると思いますが、糸が長い時ほど、締める力が弱いので1パターンの長さが長く、糸が短くなってくるとしっかり占めることができるので、1パターンの長さが短くなっています。パターンの長さは最大約1cmの差ができてしまいました。糸の長さに関わらず同じ強さで締めることができるようにならなければ。
 

長い紐を組むもう一つの方法として以前に紹介した、 Ingrid Crickmore のキャタピラーのやり方があります。今回もどちらにしようかと迷ったのですが、幡垂飾でやり慣れた方法を選びました。

でき上がりは、2.6cm55cmになりました。バッグも仕上がりました。底の部分にはカーテン生地の端切れを使っています。


Braided a pair of bag handles in purple and brown, using a technique of Single-unit braiding (ikken-gumi).  I have been using contrasting colors, like opposite colors, so that I can clearly see the braiding.  This time, in order to match the torn-yarn woven fabric that I made some time ago, I chose 4 colors, dark and light purple and brown, 15 loops.  This similar color combination is also nice, I thought. The material is Cotton King.

I needed the length of over 55cm.  So I prepared 90cm long threads and started from the center of the length, braided till the end, and started from the center again to the other end.  As you may be able to see from the photo, the length of the pattern varies.  When you have long threads, your tightening power is weakened, making the pattern length longer.  With shorter threads you can tighten firmly and get shorter patterns.  The difference between the longest and the shortest was about 1cm.  I must train myself to be able to tighten with constant power regardless of the thread length.

Another way to braid longer braids is, as I discussed showing Ingrid Crickmore’s method, Catapilar.  After wondering which is easier, I opted for the center-start which I got used to with Bansuishoku.

The finished braids are 2.6cmx55cm.  I also finished the bag.  The bottom part is a curtain remnant.

2018年9月30日日曜日

2人で四連角組 Dueted Quad Kakugumi


1人で四連角組を間違えることなくできるまで、かなり練習しました。慣れてしまえば面白いようにできるのですが、それまで何度間違えてやり直したことか。昨日はクテ打ちの仲間2人に2人操作で四連角組をしてもらいました。ビデオに撮りましたので見てください。



1人だと、1サイクル10ステップですが、2人だと6ステップで、とても速いです。2倍以上速いと思いました。本当は1サイクル終わるごとに、組みあがった部分の近くを手にもって引き締めるのですが、3人しかいなくて、私がビデオカメラを持っているので、引き締めていません。

いつも一緒にクテ打ちを楽しめるパートナーが近くにいてくれるといいのに、と思いました。


I had to practice a lot to be able to braid Quad Kakugumi alone.  Once you get used to it, you can braid smoothly, but you need to make countless mistakes before reaching that stage.  Yesterday, I had a chance to meet my Kute group members and asked them to braid Quad Kakugumi in pair.  Here is the movie. 

You need 10 steps when you braid solo, whereas 6 steps are enough for a pair.  Thus it is very fast.  I had an impression that it was two times faster than solo.  In fact, I should have tightened after each cycle, but we were only 3 of us and I was filming with a video camera. So there is no tightening step in the video.

It would be wonderful if I had a Kute partner living in the neighborhood and could enjoy duet more often.

2018年9月21日金曜日

母とコラボ第2弾 Collaboration with Mother No. 2

リビングのレースカーテンが傷んで来たので、新調することにしました。カーテン屋さんへ行くと、ワゴンにカーテンの端切れがいっぱいあって、備えてあるビニール袋に入るだけ入れて500円ということでした。カーテン地はしっかりしていてバッグに丁度いい厚さです。ホクホク顔で帰ってくると、母がその中から気に入った生地を見つけて、ショルダーバッグに仕立てました。私は「紐は私にお任せ」と言って、唐組のサンプルを2つ作ったのですが、母が、「地味すぎる」と言って、OKがでません。それでは真田紐はどうでしょうと作ったものが合格でした。


これまで作った真田紐を並べてみました。市松模様も飽きてきたので、今回は雑誌で見た縦縞にしてみました。雑誌では男物の下駄の鼻緒に使っていたものです。なかなかきりっと素敵に仕上がりました。

Our living room curtains are worn out and we have decided to order new ones.  At a curtain shop, there was a wagon-full of curtain fabric remnants.  It costs 500 yen for a small plastic-bagful. Curtain fabrics make good bags. I stuffed the fabric as much as I could.  I came home smiling.  My mother chose one of them and made a shoulder bag with it.  I offered to make a belt and made two Karakumi samples.  She does not accept them saying “They are too quiet.”  Then I made a Sanadahimo, which she liked.


These are the Sanadahimo I have made.  I am getting tired of checkerboard patterns, so I made a stripe that I once saw in a magazine.  In the magazine, the braid was used as sandal thong for men.  I liked the sharpness of the pattern.

2018年8月13日月曜日

幡垂飾はなぜ強撚糸?  Why Bansuishoku with hard twist yarns?

現在の組紐は、絹糸をほとんど撚らずに組まれており、絹の艶やかさが引き立ちます。なのに法隆寺の幡垂飾はなぜ強撚糸で組まれたのか、独特のテクスチャを出すためかと、ずっと思っていました。その疑問に、先日奈良国立博物館「糸のみほとけ」展の公開講座で澤田むつ代先生がずばり答えてくださいました。講座の題は「飛鳥から奈良時代における刺繍と金糸の技法の変遷」です。


140927 Nara National Museum Nara Japan03bs5.jpg




奈良国立博物館
ウィキペディアより



先生によると、藤ノ木古墳の遺骸に掛けられていた「掛け布」も、飛鳥時代に作られたと伝えられる中宮寺の「天寿国繍帳」も、強撚糸で刺繍されているそうです。ところが、正倉院にある多くの刺繍は、撚りをかけていない引き揃えの糸がほとんどだそうです。刺繍の技法は、天寿国繍帳が返し繍いですべて埋め尽くされているのに対し、正倉院のものは、刺し繍い(ロング・アンド・ショート・ステッチ)や、平繍い、鎖繍い(チェーン・ステッチ)、駒繍いなどが駆使されていて、特に刺し繍いで見事な暈繝(グラデーション)をほどこしたものが多いとのことでした。

先生の説明によると、飛鳥時代の絹糸はまだ品質が良くなく、強度もなかったため、強い撚りをかけないと、刺繍することができなかったのではないかということでした。それが奈良時代に入り、艶やかで強度もある絹糸が生産できるようになり、その特徴を十分に発揮できる刺し繍いや平繍いが多用されたと言うことでした。おそらくこの技術革新は、遣唐使が中国から持ち帰った文献か、あるいは連れ帰った専門家によって可能になったのでしょう。しかし、それを裏付ける同時代の刺繍が中国に残っていないため、証明できないそうです。

もう1つ耳寄りな話がありました。金糸も飛鳥時代と奈良時代では違うそうです。法隆寺の幡垂飾にも金糸・銀糸が使われています。拡大写真で見ると、コイル状になったメタリックな細いリボンが見えます。絹の芯糸にコイルが巻き付いていたそうですが、芯糸は見えません。奈良時代には、金をさらに薄く延ばす技術が発達し、裏に和紙を張った金箔が作られました。これを細く切って絹の芯糸に巻き付けたのが、奈良時代の金糸です。金が薄いので、柔軟性があり、扱い易そうに見えます。薄いと言うことは、同じ量の金からより多くの金糸を作ることができます。

飛鳥時代の金糸は、金を細く切った切り口が鋭利なので、見るからに芯糸や他の刺繍糸を傷つけそうです。こうした金糸と一緒に組紐を組むとすれば、他の絹糸もしっかりと撚りをかけて丈夫にしなければなりません。

澤田先生のお話は刺繍の糸についてでしたが、私は組紐の糸に置き換えて、お話を聞いていました。

「糸のみほとけ」展は、當麻寺の綴織當麻曼荼羅の修理が終わったのを記念に、織物や刺繍の仏像を集めたものでした。當麻曼荼羅(縦横ほぼ4m)をはじめ、長さ2mを超える「国宝刺繍釈迦如来説法図(奈良時代)」や、スタインが敦煌からイギリスに持ち帰り現在大英博物館に収蔵されている「刺繍霊鷲山釈迦如来説法図」など、めったに見られないものがずらりと並んでいました。

うれしいことに、幡垂飾もありました。会期の前半は、白鶴美術館から、後半は藤田美術館からのものでした。どちらも赤を基調に、金、銀、黄、萌黄、紺を加えた、見慣れたものでした。私にとって目新しかったのは、個人蔵の古裂帖貼に、4列の唐組の一部があったことです。色の配列も要素数も他の幡垂飾と同じです。これの全体像は、見事なものだったでしょう。4人あるいは8人で組んだのでしょうか。

刺繍にしても織物にしても、奈良時代には既に、これほどの大掛かりな作品を1年くらいで仕上げることのできる高度な技術を持った職人集団が組織されていたと言うことです。まさに「咲く花のにおうがごとく」です。私の今の技術では、組紐職人として雇ってもらえないかも。

Present Kumihimo are braided with almost-non-twist silk yarns and  the sheen of silk yarns cuts a brilliant figure. But the Bansuishoku of Horyuji temple were braided with hard-twist yarns.  Why?  Is it in order to create a unique texture?  My long-standing question was solved instantly when I attended a lecture meeting of Ms. Mutsuyo Sawada held at Nara National Museum that currently runs “Threads of Devotion” exhibiting embroidered and woven Buddha images.  The title of the lecture was “Technical vicissitude of embroidery and gold threads from Asuka period (7th century) to Nara period (8th century)”.

According to Ms. Sawada, both the drape in Fujinoki ancient tomb and Tenjukoku Embroidary (both from Asuka period) are embroidered with hard-twist yarns whereas a number of embroidery works kept in Shosoin Treasure Warehouse are done with non-twist yarns.  The embroidery techniques are different; only back-stitch for Asuka period; Long-and-short stitch, satin stitch, chain stitch, French-knot stitch, and others for Nara period.  Especially long-and-short stitches are effectively used to express beautiful gradation. 

Ms. Sawada explained that the silk yarns in Asuka period were not in good quality and not strong enough to be used for embroidery.  Therefore, they had to twist hard.  Later in Nara period, good quality silk yarn was produced.  They were embroidered using long-and-short stitch and satin stitch to emphasize their beautiful luster.  Perhaps this technical innovation in silk production was enabled through the documents and/or specialists brought over to Japan from China. However this idea cannot be attested due to the absence of embroidery of the corresponding period in China, said Ms. Sawada.

Another interesting topic was about gold thread.  The gold threads in Asuka period and Nara period have clear difference.  Bansuishoku in Horyuji are braided with threads including gold and silver threads.  We can see metallic coiled thin ribbons in enlarged photos.  The metallic ribbons coiled around silk base thread, but the base thread cannot be found in the photo. In Nara period, gold was more thinly rolled thanks to advanced technology, and made into gold foil with Japanese paper pasted up in the back side.  The Nara period gold thread was made by thinly cutting the gold foil.  The gold thread in Nara period looks soft and easy to handle.  Because it is thin, you can make more gold threads from the same amount of gold.    

The gold thread in Asuka period has sharp edges, and looks like it easily damages the base thread and other embroidery yarns.  When you braid with this kind of gold yarn, other yarns have to be very strong and hard-twist!

Ms. Sawada talked about embroidery, but I was listening to her story always with Kumihimo in mind.  

The exhibition of “Threads of Devotion” was organized to commemorate the completion of the repair work of the Taima Mandala Tapestry (approx. 4m x 4m), collecting 130 woven and embroidered images of Buddhist figures and Pure Land scenes, including the National Treasure of Embroidered Shakyamuni Preaching (Nara period). 

To my joy, some Bansuishoku were among them.  One was from Hakutsuru Museum, and another from Fujita Museum.  There was a piece of Bansuishoku with 4 rows of Karakumi from a private collection.  That was new to me.  The color combination and the number of elements were the same as other Bansuishoku.  The original Bansuishoku must have been gorgeous!  Was it braided by 4 braiders or 8?

Be it embroidery or textile, in the 8th century in Nara a craftsman group with highly advanced technology capable of finishing such large-scale works in about a year was already organized. It really was a fabulous era like blooming flowers as an old poem goes.  With my present poor Kumihimo technique, I may not be hired as a Kumihimo craftsman.

2018年8月6日月曜日

四連角組 Quad Kakugumi

 

奈良国立博物館で開催された「春日大社の秘宝展」で、「赤糸威大鎧」を見て、その繰締緒が亀甲模様だったので、次の挑戦はこれと決めました。しかし、木下先生の「古代組紐技法」で調べてみると、1人が18本のクテを持ち、4人横に並んで組むという大掛かりなものでした。これには恐れをなして、もう少し少ないクテでできる四連角組に方向変換しました。クテは28本です。西大寺蔵の釈迦如来像体内納入経巻錦袋の紐のパターンだそうです。

二連角組AADDを2つ合わせたもので、だから四連角組と呼びます。木下先生の本では、2人で組むように想定されています。AADDをしてから2人で内側の糸を交換するのかと思ったのですが、そうではなく、1回目(外側)のAが終わった時点で、次のA(内側:パートナーに近い方)をする前に交換し、パートナーからもらったクテで次のAを組みます。次に外側のDを組んでからまた、次の内側のDを組む前に交換し、パートナーからもらったクテでDを組みます。

これを1人で組むには多少のアレンジが必要です。できるだけクテを持ち替える回数を少なくするように工夫しました。10ステップで1サイクルです。

いつものように、何回か失敗した後、何とかお見せできるようなものができました。

しっかり角ばっています。かなり苦労しましたが、こんなに美しいパターンが自分の手でできるのは、感動です。AADDでできるパターンを2つ組み合わせれば、いろいろと楽しい模様ができそうです。



At Nara National Museum, I saw the exhibition of “Treasures of Kasuga Shrine” and was especially attracted by a Kikko pattern braid which was used as a belt of a Japanese armor.  Instantly I decided that my next challenge would be Kikko pattern.  However, according to “Study of Archaic Braiding Techniques in Japan” by Kinoshita-sensei, the pattern needs 4 braiders, each holding 18 Kute.  It is too challenging for me.  I turned around and chose a Quad-Kakugumi with 28 Kute.  The pattern is from a bag braid for sutras hidden inside a statue of Buddha in Saidaiji temple in Nara.

The pattern is basically double AADD, therefore called Quad-Kakugumi.  Kinoshita-sensei explains in her book that the braid be made by two braiders.  I visualized two braiders exchanging the innermost (closest to the partner) Kute after doing AA and DD.  I was wrong.  You do A with your outer hand and exchange the innermost Kute with your partner and do A with that Kute you just received.  Then you do D with your outer hand and exchange the innermost Kute with your partner and do D with that Kute you just received. 

In order to do this process alone, you need to arrange the steps.  I came up with 10 steps for 1 cycle. 

As always, after making many mistakes, I finally braided something good enough to be photographed.  Very square!  Though I struggled, it is amazing that I can make such a beautiful pattern with my own hands.  With other color arrangements many other patterns are possible!

2018年7月7日土曜日

真田紐にビーズ Sanadahimo with beads





真田紐のベルトです。両端の経糸にビーズを通して組みました。結ぶ部分は角組で、ここにもビーズを組み込んでいます。ビーズは紐を豪華に見せてくれる上に、思いがけない効用がありました。紐が汚れるのを防いでくれるのです。次は、素敵なバックルを見つけたいと思っています。

使用材料: コットンキング、TOHO丸大ビーズ

These are Sanadahimo belts.  I put beads through both of the outermost warps and braided.  The both ends are Kakugumi and I used beads here as well.  I love beads!  They make my braids not only look gorgeous but also dirt-proof!  Next time, I would like to find a nice buckle.

Materials:  Cotton King, TOHO Marudai beads