2021年4月18日日曜日

靴ひも 重打または高麗組 Shoe strings: Shigeuchi or Koraigumi

 


長年愛用してきたスニーカーの紐がついに切れました。実はこの紐は既に二代目です。それほどこの靴と私は相性が良いということです。靴もずいぶんくたびれているのですが、もう少し頑張ってもらおうと、三代目の紐はクテ打ちで作ることにしました。

コットンキングで、7本の重打AB)です。90cm必要なので、長さの中央で輪にして両方へ組みました。

思った以上に素敵にできました。古びた靴も喜んでくれているのではないかな。これで足取り軽く、出かけるとしましょう。

The sneaker strings that I have been wearing for many years have finally broken.  In fact, this pair is already the second generation.  That means these shoes and I get along very well.  The shoes themselves are very old, but I want them to last one more generation.  So this time I made the strings with Kute.  

I used 7 Kute and braided Shigeuchi (AB) with my favorite Cotton King.  The strings have to be 90cm long.  I started in the middle of the length to one end, and restarted from the middle to the other end.

I am pleased to find the finished strings much nicer than I had expected.  Perhaps my old shoes are also happy.  With a new pair of strings, I shall go out for a walk with light steps. 


2021年1月19日火曜日

エコバッグ用止め紐 重打または高麗組  Braid for Eco bag: Shigeuchi or Koraigumi



いつも行く薬局で3周年のお祝いとしてエコバッグを頂きました。ちょうどいい大きさと生成りの色が気に入って、日常に使うことにしました。折りたたんだ時にまとめる紐がついていなかったので、重打(AB)で28cm組みました。材料はコットンクイーン3本取り、8ループです。ボタンを通す穴は、AAで組みます。


今度薬局へ行ったら、薬剤師さんに見せなくては。

The pharmacy I usually go celebrated their third year in business and gave us an eco bag.  I liked the color and size of the bag, so I use it every day.  As it did not have a string to keep the bag folded, I braided a 8-loop Shigeuchi (or Koraigumi or AB) for 28cm.  The material is Cotton Queen.  The button hole part is AA.  

Next time I go to the pharmacy, I have to show this to them. 


2021年1月3日日曜日

ポシェット用肩紐 Shoulder belts for two pochettes



帯地を使ってポシェットを2つ作りました。肩紐は長さ90cm18ループの縄連組です。90cmの長さが欲しいので、コットンキングを130cm用意しました。これでは1回で組むには長すぎるので、前にもやったIngrid Crickmore のやり方で2回に分けて組みました。


写真は糸の半分の位置にクテをつけ、余った糸をかぎ針で鎖編みにし、輪にしてぶら下げた所です。この鎖の輪が組む時に邪魔になるのではと思いましたが、案外気にせずに組むことができました。

それよりも気になるのは、半分の地点で、足糸を付けるために、糸に玉止めをするのですが、これは解くこともできず、残ってしまいます。しっかり足糸を止めることができ、しかも後で簡単に解くことのできる糸結びの方法を考えなければなりません。 実際にポシェットを使うときには全然気にならないのですが、こうして写真でお見せするときにはやはり気になります。



ファスナーの引手金具には二連角組(AADD)の紐を付けました。作品に仕上げるまでに糸の配色や組み方をあれこれ考えるのは楽しい作業です。しばらく組紐から遠ざかっていましたが、こんなふうに作業途中の紐が休み台にかかっている光景は、何となく心和む気がします。

Made two pochettes from obi sash material.  The shoulder belts are 90 cm long Joren-gumi with 18 kute.  I prepared 130 cm long Cotton King threads in order to make 90 cm belts.  130 cm is too long for kuteuchi, so I devided them into two as I did before following Ingrid Crickmore’s method.  The photo shows the threads with Kute attached at the half length points, with the remaining length crocheted in chains and made into a circle.  I was afraid that these chain circles might disturb braiding, but it proved no problem.

What bothered me was rather the knots of the threads which hold the foot-threads of Kute.  These knots cannot be undone and can be seen in the finished work.  I need to develop a knot that can hold foot-threads firmly and can be undone easily.  My knots are almost unseen while in use, but still bothers me when I show them in the photos.

I made a Double Kakugumi (AADD)braid for a fastener.  It is a joyful moment when I chose color arrangements and type of braiding.  I was away from kumihimo for a while, but having a pair of my Kute Rest Stands with threads hanging on them makes me smile. 


2020年9月27日日曜日

平組二間組を偶数のクテで組む  Flat braid Nikengumi with even-numbered kute

 


前回紹介した青柳淑枝さんの「アンデスの組紐を訪ねて」の43ページに24本平組紐の組み方が載っていたので、組んでみました。24本の糸をまとめて、クリップでボードに固定して組みます。反対の端は固定しません。フリーエンドです。これは大変でした。いつもクテで糸を引っ張って操作しているので、フリーエンドには慣れていません。引き締め方が足りないのか、出来上がりは不揃いな組目になってしまいました。

今度は慣れたクテでやってみました。本と同じく24本の糸、すなわち12本のクテを使いました。左端のクテを取り、左から2越で右に進むと、最後にクテが1本残ります。最後のクテ1本を越えて一回捻って右端に置きます。

これにはいいことがあります。今までは二越の時は2の倍数+1本、すなわち奇数のクテでしていましたが、これだと、中心の片側で三越になって目立ってしまいます。でも偶数のクテで組むと、中心の片側は一越、反対側は二越になって、あまり目立ちません。

青柳さんの本の43ページでは、青柳さんの先生は中心が規則正しくきれいになるように、左の端は一越から始めておられます。なるほど、こういうちょっとしたことが仕上がりを左右するのだなと思いました。

写真は上から、24本フリーエンド、クテ12本、クテ13本です。

On the page 43 of “Exploring the Braids of the Andes” by Ms. Yoshie Aoyagi, which I introduced in my last post, there are instructions on how to braid a flat braid with free-end.  I tried this braid.  You tie 24 threads and fix the knot with a clip to a board. The other ends are loose, which was hard for me.  I am used to pulling kute tight.  Perhaps my tightening was not good enough, the finished braid has irregular stitches.

Then I tried braiding with kute.  Like in the book, I prepared 24 threads, eg. 12 kute.  You take the left-end kute (operating kute) and it goes over 2 kute and under 2 kute.  In the end you have one kute left on the right hand.  The operating kute goes over that last kute.  Then you turn the operating kute once and place it to the right-end.

I found a good point about this method.  Till now, I always used odd-numbered kute for Nikoshi flat braid. Nikoshi means over 2 threads.  The braid has a stitch over 3 threads on one side of the center, which stands out.  However, with even-numbered kute, you have a stitch over 1 thread on one side of the center and a one over 2 threads on the other side, which is less outstanding than a stitch over 3 threads.

On the page 43 in Ms. Aoyagi’s book, her teacher starts from left by going over one thread and then over 2 so that you have nice and regular stitches in the center.  I was impressed to learn that with such a small care, you can have much better results.

The photo above shows from the top to the bottom 24 threads free-end, 12 kute and 13 kute.


2020年9月7日月曜日

「アンデスの組紐を訪ねて」 青柳淑枝著 “Exploring the Braids of the Andes” by Yoshie Aoyagi



猛暑とコロナによる自粛でグッタリとなっていたところに、一陣の涼風が吹きました。昨年12月に講習を受けた青柳淑枝さんが表題の本を出されたのです。さっそく注文し、ページをめくると、青柳さんがアンデスで出会った組紐が次から次へと紹介されています。どこで誰に教わった紐かを丁寧に書いてあるので、青柳さんと一緒にアンデスの町から町を旅しているようです。帰国してから自分で組まれた紐も多数掲載されています。

アンデスでは、道具を使わずに指だけで組む紐をたくさん習われたようです。昨年12月の講習でもその一つを習いました。あの時も思ったのですが、あの組み方を図式で表したり、人に説明したりするのはとても難しいです。それを青柳さんは現地の達人から直接習い、習得されたのですから、ものすごい理解力だと思います。また、アンデスの組紐を高台で再現するというのは、長年日本の組紐をしっかり勉強して来た青柳さんだからできることなのでしょう。

ペルーにあるという天野美術館、行ってみたいです。

文中に出てきたロドリック・オーウェンさんは、2016年のシアトルでのワークショップでお会いして講習も受けました。あの時に習ったパターンをもう一度できるか、挑戦してみます。9月に入って、これからは涼しくなるから、しばらく離れていた組紐とまた奮闘してみようという気になりました。ダラダラしていた私に活を入れてくださった青柳さん、ありがとうございます。

A cool breeze blew in my face when I was idling and beaten by the extremely hot summer and the corona virus restrictions.  Ms. Yoshie Aoyagi, whose workshop I attended last December, has published a kumihimo book (in Japanese only so far)!  I ordered the book right away.  In the book a number of braids she encountered in the Andes are presented one after another.  She explains so much in detail where and from whom she learned each braid that I feel as if I were traveling with her from an Andes town to another.  She also introduces various braids she made after she came back from the trips. 

She learned many types of braids that are braided only with hands without using any tools.  The braid I learned in the workshop last December was one of them.  As I thought back then, it is fairly difficult to explain that way of braiding with words and figures.  Ms. Aoyagi has learn directly from Andean experts and mastered them all.  I admire her ability to understand new techniques.  I am also impressed by her skill to interpret the Andean braiding to Japanese kumihimo using Takadai.  That only can be done because she had been constantly improving her kumihimo skills for many years.

I hope I can visit the Amano Textile Museum in Peru someday.

In the book she referred to Mr. Rodrick Owen whose workshop in Seattle I attended in 2016.  The book made me want to try that pattern I learned in Seattle once again.  It is already September, and the weather should be cooler.  I suddenly felt the power to tackle kumihimo anew.  Thank you, Ms. Aoyagi.  You made me wake up!


2020年8月3日月曜日

帽子用リボン  A Hatband



夏の帽子用にリボンを組みました。初めからそう計画したわけではなく、ある日突然、クラウンの部分がポカンとお化け提灯のように割れてしまったのです。どうやら縫製のミシン糸の調子が悪かったらしく、縫い目がほどけています。去年セールで買ったのがいけなかったようです。これを修理するには、元からあったリボンを外さなければならず、手間のかかることです。一針一針手で縫いました。でき上がって、元のリボンを付け直す段階でハタとひらめいたのです。せっかくここまで手間をかけたのだから、リボンも新しいのを組んでみようと。実は昨年10月の伊賀上野での組紐のワークショップで、素敵な帽子にご自分で組んだ紐をつけ方がおられたのです。

コットンキング4色で21ループの1越し平織組です。途中1週間ほど休んでから再開したので、引き締め具合が異なり、1パターンの長さがかなり違います。でも帽子だから誰も気づかないでしょう。セールで買った帽子が、特別な帽子になりました。

Braided a band for a summer hat.  I did not plan it, but one day the crown cracked apart.  I suppose the sewing machine was not in a good condition when the hat was sewn.  The stitches came loose.  I should not have bought it only because it was on sale last year.  I had to remove the band in order to repair the hat.  One by one I sew the stitches.  It took me a while to finish all the stitches.  Finally I was ready to put the original band back to the hat.  Then I had an idea.  Now that I spent so much time repairing the hat, why should not I spend more time and braid a new band.  In fact, at the Braid 2019 workshop last October in Igaueno, I met a lady with a nice hat decorated with a braid she had braided herself.

I used 21 loops of Cotton King in 4 colors.  It is single layer single unit twill.  In the middle of braiding, I had about a-week off and restarted, which resulted in unequal pattern length.  But it is OK.  It is a hat and nobody will notice that, I hope. A hat on sale has become a special hat for me.

2020年7月5日日曜日

法隆寺宝物館で玉帯を展示中 Braided belt with beads on view at Tokyo National Museum


東京・上野の法隆寺宝物館であの有名なガラス玉を組み込んだ玉帯残欠を展示しているそうです。見たいなぁ。



この玉帯は至文堂発行「日本の美術1 No. 308 組紐(くみひも)」の表紙になっていて、アップで撮ってあるので、ガラス球もよく見えます。この本の説明によると、赤紫・朱・白・黄・紺・縹・緑の糸を2本取りで一間組で組んであるそうです。その2本取りの糸がそれぞれS撚りとZ撚りになっているらしく、恐ろしく手間のかかる組み方になっています。

国立東京博物館のデータベースには、「玉帯残欠-真珠玻璃玉装」とありますから、真珠や水晶玉も混じっているのでしょう。正倉院の組紐と同時代のものらしいのですが、このように玉を組み込んだものは他に類がないそうです。よほど特別な人の持ち物だったのでしょうか。

この帯は元は法隆寺所蔵の宝物ですが、明治初めの廃仏毀釈で寺が衰退した時、大切な宝物が散逸してはいけないと、法隆寺が皇室に献納した宝物に含まれていました。献納された宝物一式を現在は、国立東京博物館(東博)の隣にある法隆寺宝物館で見ることができます。

法隆寺としては、大切に守って来た宝物を手放すのは断腸の思いだったでしょうが、今から思えば英断でしたね。組紐ファンとしては、東博で保管してもらったお陰で、こうして見られるのは有難いです。幡垂飾も献納宝物の一部で、これも以前法隆寺宝物館で展示されました。法隆寺でも春と秋に秘宝展がありますが、私は組紐や織物を見たことがありません。染織物は取り扱いが難しいからでしょうか。




The famous braid belt with beads is on view at The Gallery of Horyuji Treasures in Tokyo.  I wish I could go and see it.

This braid belt is put on a cover of “日本の美術1 No. 308 組紐(くみひも)(Japanese Art No. 308 Kumihimo)". The cover is a close up of the belt and we can clearly see the glass beads. According to the book, the braid is a single-unit braiding of 2-strand threads of red, purple, vermilion, white, yellow, dark blue, blue and green.  One of the 2 strands is S-twist and the other is Z-twist, which makes braiding extremely complicated.

The title of the braid on the data base of Tokyo National Museum is “the remains of a belt with beads of pearl and crystal”.  It is said to be made at the same period as those in the Shosoin Treasure Warehouse, but those in the Shosoin have no beads.  This belt of Horyuji must have been worn by a high ranking noble person. 

The belt originally belonged to Horyuji Temple, but was donated, together with other treasures, to the royal family early in the Meiji Era when anti-Buddhism movement was at its peak.   The temple had no financial power at that time to keep all the treasures and did not want the treasures to be scattered and lost.  The donated treasures are today stored and exhibited at the Gallary of Horyuji Treasures of Tokyo National Museum in Ueno.

For Horyuji Temple, it must have been an extremely difficult decision to make to donate the treasures which they had kept so long (1200 years!).  However, now looking back, it seems to be a good decision.  Thanks to Tokyo National Museum, we can now see the ancient braids.  The Bansuishoku, which I talked about before, also belongs to Tokyo National Museum and was exhibited some years ago.  At Horyuji temple, they give biannual exhibitions, but I have never seen braids or textiles there.  Is it because dyed and woven works are difficult to handle?